タイトル:第7回津山を歩けば〜城東発掘!オランダカルタと上之町〜ご報告
コメント:日本の現代医学の礎を築いた「蘭学」。
岡山県北最大の城下町である津山は、蘭学者の町でもあるのです。

そんな津山を代表する蘭学者の一人「宇田川榕菴」。
珈琲という漢字を考えたり、植物学で貢献したり、
マルチな活躍をした津山藩医です。

彼のコレクションの1つに和蘭カルタ(オランダカルタ)と
呼ばれるものがあります。
オランダ人が長崎に持ち込んだトランプを自ら写して作った
ある意味で、初代和製トランプ。

現代の見慣れたトランプとは一味違う「オンランだカルタ」を使った七並べ大会で大はしゃぎ。

午後からは、出雲街道を一本北上。
今なお、津山藩の中級の武家屋敷が残る歴史ロマン溢れた街並みの散策。
城東の街並みには、きものと日傘がよく似合いました。

↓当日の様子は下記リンク先のFacebookぺーじからご覧ください↓
https://www.facebook.com/pg/津山を歩けばの会-1570240239954633/photos/?tab=album&album_id=1777190722592916

例:岡山桃子
例:オカヤマモモコ
例:700 0011
例:岡山県
例:北区清心町
例:7-777
例:清心町タワービル 7F 705号室
例:090 4656 1111
※確認のためにもう一度メールアドレスを入力してください。

先生写真

「ひとてま」を楽しむ和の心 ちんがらや

村上 琢磨

Murakami Takuma

店長

日本の伝統文化